コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天飛ぶや アマトブヤ

デジタル大辞泉の解説

あまとぶ‐や【天飛ぶや】

[枕]
空を飛ぶ雁の意から「かり」、また地名の「かる」にかかる。
「―軽(かる)の路(みち)は」〈・二〇七〉
うち振る領巾(ひれ)が空飛ぶ雲に似るところから、「ひれ」にかかる。
「ひさかたの天の川原に―領巾片敷き」〈・一五二〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あまとぶや【天飛ぶや】

( 枕詞 )
「鳥」「雁」、また地名「軽かる」にかかる。 「 -軽の道は/万葉集 207

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

天飛ぶやの関連キーワードてしかも万葉集までひれ申す枕詞

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android