コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太刀フシ たち フシ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太刀フシ たち-フシ

1874-1942 明治-昭和時代前期の社会運動家。
明治7年12月28日生まれ。岸田(中島)俊子師事明治16年10歳のとき京都北野劇場での女子大演説会で,「人も亦(また)花の如(ごと)きものか」と題して,花に都と田舎の区別がないように人にも区別があるはずがないと論じた。昭和17年1月31日死去。69歳。奈良県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太刀フシの関連キーワードレジスタンス文学おもなお雇い外国人森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーン自由民権運動わが祖国[各個指定]芸能部門

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android