コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太子流神道 たいしりゅうしんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太子流神道
たいしりゅうしんとう

聖徳太子に始る神道の意。物部神道,斎元神道ともいう。聖徳太子に仮託された『先代旧事大成経』 (73巻) を教典とする。この作者は美濃の儒僧釈潮音と志摩伊雑宮 (伊勢神宮の別宮) の神官永野采女といわれる。神儒仏三教一致を旨とするが,僧大我は『神宣解』 (1753成立) ,『金鑰論』 (67) を,依田貞鎮 (偏無為) は『先代旧事本紀箋』 (33成立) を著わして大いに宣布した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android