コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教典 きょうてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教典
きょうてん

宗教において基本的な教義が説かれている文書。特に創唱宗教では,創始者の言行が教典の中心をなすとされているので,教典はきわめて重視される (→教祖 ) 。たとえば,バラモン教ベーダ仏教の諸経典類,キリスト教聖書イスラム教コーランなどがある。仏教では,通常教典は経典 (スートラ) と呼ばれる。キリスト教では聖書が正典とされ,それから除外された同種の文書を外典偽典と呼ぶ。教典は,創始者の死後,教団内における異端発生や分裂の危機などに対処するために,創始者の教えの正統的伝承としてまとめられることもある。また,教典が信仰生活の中心的位置を占めることにより,その内容よりも教典自体が崇拝対象として神聖視されることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐てん〔ケウ‐〕【教典】

宗教上の基本となる書物。
教育上の基本となる書物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

教典【きょうてん】

経典,聖典とも。当該宗教の教義や根本信条を載せ,教説の根拠とされる典籍の称で,仏教の大蔵経,キリスト教の聖書イスラムコーラン等がこれにあたる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きょうてん【教典】

宗教において、信仰と生活の上で規範とすべき基本的な教説が記された典籍。経典。
教育上のよりどころを記した書物。 → 経典(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

教典の関連キーワードTHINK 'BOUT IT!ベネディクトゥスエスコフィエ類聚神祇本源禁河十二部書ジャイミニイラン語派般舟三昧経神道五部書声字実相義大毘婆沙論中西 牛郎大般涅槃経秋月成美般若経典河口慧海神代峻通伊勢神道仏祖統紀出口なお

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教典の関連情報