コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教典 きょうてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教典
きょうてん

宗教において基本的な教義が説かれている文書。特に創唱宗教では,創始者の言行が教典の中心をなすとされているので,教典はきわめて重視される (→教祖 ) 。たとえば,バラモン教ベーダ仏教の諸経典類,キリスト教聖書イスラム教コーランなどがある。仏教では,通常教典は経典 (スートラ) と呼ばれる。キリスト教では聖書が正典とされ,それから除外された同種の文書を外典偽典と呼ぶ。教典は,創始者の死後,教団内における異端発生や分裂の危機などに対処するために,創始者の教えの正統的伝承としてまとめられることもある。また,教典が信仰生活の中心的位置を占めることにより,その内容よりも教典自体が崇拝対象として神聖視されることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうてん【教典】

宗教において、信仰と生活の上で規範とすべき基本的な教説が記された典籍。経典。
教育上のよりどころを記した書物。 → 経典(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

教典の関連キーワードTHINK 'BOUT IT!ベネディクトゥス類聚神祇本源禁河十二部書エスコフィエ大般涅槃経イラン語派神道五部書大毘婆沙論声字実相義般舟三昧経中西 牛郎ジャイミニ秋月成美般若経典出口なお深田長治伊藤沙莉神代峻通葛城神道

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教典の関連情報