コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎元神道 さいげんしんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎元神道
さいげんしんとう

江戸時代後期の真宗の僧釈潮音の『旧事本紀大成経』に記された神道の一つ。アメノフトダマノミコト以後の斎部氏所伝の神道をいう。神道を分類して霊宗神道,宗源神道,斎元神道の3種とし,霊宗神道に統括性を認め,宗源神道がアメノコヤネノミコト以来中臣氏に属していたのに対して,斎部氏を本元とする斎元神道を摘出してきたところが特色。その思想は,『旧事本紀大成経』および依田貞鎮の『旧事本紀中箋』に詳述。天孫の皇統一系を称揚する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

斎元神道の関連キーワード太子流神道

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android