コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎元神道 さいげんしんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎元神道
さいげんしんとう

江戸時代後期の真宗の僧釈潮音の『旧事本紀大成経』に記された神道の一つ。アメノフトダマノミコト以後の斎部氏所伝の神道をいう。神道を分類して霊宗神道,宗源神道,斎元神道の3種とし,霊宗神道に統括性を認め,宗源神道がアメノコヤネノミコト以来中臣氏に属していたのに対して,斎部氏を本元とする斎元神道を摘出してきたところが特色。その思想は,『旧事本紀大成経』および依田貞鎮の『旧事本紀中箋』に詳述。天孫の皇統一系を称揚する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

斎元神道の関連キーワード太子流神道

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android