コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

依田貞鎮 よだ さだしず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

依田貞鎮 よだ-さだしず

1681-1764 江戸時代中期の神道家。
延宝9年3月13日生まれ。武蔵(むさし)府中(東京都)の人で,江戸にすむ。延享3年摂津(せっつ)四天王寺につたわる神事祭法をまなぶため京都に3年間滞在。桃園天皇に著作の「三種神器伝」「従璽十宝伝(じゅうじじっぽうでん)」を献上した。宝暦14年3月17日死去。84歳。別姓に五十嵐字(あざな)は伊織。通称は定右衛門。号は徧無為(へんむい)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

依田貞鎮

没年:明和1.3.17(1764.4.17)
生年:天和1.3.13(1681.5.1)
江戸中期の神道家。『旧事大成経』の研究者で儒仏にも通じた。江戸時代墓碑銘・行状類の集成『事実文編』の「依田伊織墓碑銘」によると,武蔵国(東京)府中出身で,諱は貞鎮,字は伊織,号は偏無為,氏は母方の五十嵐だったが,のちに依田と改めたとある。父母を亡くしたあと江戸谷中に住し,神学者となり門人は沙弥証海をはじめ400人を数えたという。また,京,大坂にも出向き,当時,東叡山末寺であった四天王寺に,山王一実神道流の神事作法を伝えている。<著作>『先代旧事本紀中箋』『諸神鎮座記』『大成経小補』<参考文献>大川茂雄・南茂樹編『国学者伝記集成』

(白山芳太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

依田貞鎮の関連キーワード天和浮世絵秋元喬知小栗美作高橋源助松井市兵衛側用人豊竹若太夫依田貞鎮豊竹若太夫