太平記綱目(読み)たいへいきこうもく

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいきこうもく【太平記綱目】

太平記》の注釈・論評書。40巻60冊。原友軒の著。1668年(寛文8)成立。本文の後に《太平記評判秘伝理尽鈔》《太平記無極鈔》の〈評・伝〉を引き,〈通考〉として著者の評や類話などを述べ,さらに《太平記抄》《太平記賢愚抄》や著者説による語釈を載せる。近世初・中期の《太平記》評判・注釈を集成したもので,《太平記大全》よりも詳しく,《太平記》講釈の種本であった。【加美 宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android