太平記綱目(読み)たいへいきこうもく

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいきこうもく【太平記綱目】

《太平記》の注釈・論評書。40巻60冊。原友軒の著。1668年(寛文8)成立。本文の後に《太平記評判秘伝理尽鈔》《太平記無極鈔》の〈評・伝〉を引き,〈通考〉として著者の評や類話などを述べ,さらに《太平記抄》《太平記賢愚抄》や著者説による語釈を載せる。近世初・中期の《太平記》評判・注釈を集成したもので,《太平記大全》よりも詳しく,《太平記》講釈の種本であった。【加美 宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android