コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平記綱目 たいへいきこうもく

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいきこうもく【太平記綱目】

太平記》の注釈・論評書。40巻60冊。原友軒の著。1668年(寛文8)成立。本文の後に《太平記評判秘伝理尽鈔》《太平記無極鈔》の〈評・伝〉を引き,〈通考〉として著者の評や類話などを述べ,さらに《太平記抄》《太平記賢愚抄》や著者説による語釈を載せる。近世初・中期の《太平記》評判・注釈を集成したもので,《太平記大全》よりも詳しく,《太平記》講釈の種本であった。【加美 宏】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

太平記綱目の関連キーワード大塔宮曦鎧太平記読み

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android