コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加美 かみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加美
かみ

兵庫県中部,多可町北部の旧町域。加古川の支流杉原川上流域にある。 1955年松井庄村と杉原谷村が合体して加美村となり,1960年町制。 2005年町,八千代町と合体して多可町となった。平安時代から杉原紙で知られた製紙の地で,地名も紙にちなむ。町立杉原紙研究所がある。大部分が山地で,杉材を産し,千ヶ峰の山腹には千本杉と呼ばれる古木があり,一帯は笠形山千ヶ峰県立自然公園に属する。北部の山岳地帯は朝来群山県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加美
かみ

兵庫県中央部、多可(たか)郡にあった旧町名(加美町(ちょう))。現在は多可町の北部を占める一地区。1955年(昭和30)松井庄(まついしょう)、杉原谷(すぎはらだに)の2村が合併して加美村となり、1960年町制施行。2005年(平成17)、中(なか)、八千代(やちよ)2町と合併して多可町となる。『和名抄(わみょうしょう)』の賀美郷の地。播磨(はりま)国最高峰の千ヶ峰(1006メートル)などの山々に囲まれた山村で、旧町域の中央を杉原川が貫流し、川に平行して国道427号が走る。杉原地区は平安時代から杉原紙の産地として知られ、貴族の料紙、鎌倉武士の贈答用に珍重された。洋紙普及などで大正期に廃絶したが、1972年に町立杉原紙研究所(現在は多可町立)が設立され、生産を再開した。一帯は良質のスギ、ヒノキの産地として知られ、また、千ヶ峰は眺望に優れ、笠形(かさがた)山とともに県立自然公園をなす。播州織(ばんしゅうおり)の生産も盛んである。[二木敏篤]
『『加美町史』(1984・加美町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

加美の関連キーワード宮城県加美郡加美町中嶋堂屋敷一番宮城県加美郡加美町中嶋大下一番宮城県加美郡加美町中嶋南田一番宮城県加美郡加美町木伏川原三番宮城県加美郡加美町木伏川原一番宮城県加美郡加美町漆沢大平山宮城県加美郡加美町木伏川原外宮城県加美郡加美町漆沢宮ケ森宮城県加美郡加美町中嶋中里南宮城県加美郡加美町漆沢筒砂子宮城県加美郡加美町中嶋堂屋敷宮城県加美郡加美町漆沢宇津野宮城県加美郡加美町漆沢石坂山宮城県加美郡加美町中嶋南原畑宮城県加美郡加美町西田一番宮城県加美郡加美町中嶋明膳宮城県加美郡加美町西田三番宮城県加美郡加美町西田二番宮城県加美郡加美町北町三番宮城県加美郡加美町北町二番

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加美の関連情報