コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加美 かみ

2件 の用語解説(加美の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加美
かみ

兵庫県中部,多可町北部の旧町域。加古川の支流杉原川上流域にある。 1955年松井庄村と杉原谷村が合体して加美村となり,1960年町制。 2005年町,八千代町と合体して多可町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加美
かみ

兵庫県中央部、多可(たか)郡にあった旧町名(加美町(ちょう))。現在は多可町の北部を占める一地区。1955年(昭和30)松井庄(まついしょう)、杉原谷(すぎはらだに)の2村が合併して加美村となり、1960年町制施行。2005年(平成17)、中(なか)、八千代(やちよ)2町と合併して多可町となる。『和名抄(わみょうしょう)』の賀美郷の地。播磨(はりま)国最高峰の千ヶ峰(1006メートル)などの山々に囲まれた山村で、旧町域の中央を杉原川が貫流し、川に平行して国道427号が走る。杉原地区は平安時代から杉原紙の産地として知られ、貴族の料紙、鎌倉武士の贈答用に珍重された。洋紙普及などで大正期に廃絶したが、1972年に町立杉原紙研究所(現在は多可町立)が設立され、生産を再開した。一帯は良質のスギ、ヒノキの産地として知られ、また、千ヶ峰は眺望に優れ、笠形(かさがた)山とともに県立自然公園をなす。播州織(ばんしゅうおり)の生産も盛んである。[二木敏篤]
『『加美町史』(1984・加美町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加美の関連キーワード兵庫県加古川市加古川町北在家加美〈町〉兵庫県多可郡多可町加美区鳥羽兵庫県多可郡多可町加美区的場兵庫県多可郡兵庫県多可郡多可町中〈町〉兵庫県多可郡多可町中区安坂兵庫県多可郡多可町中区牧野兵庫県多可郡多可町中区間子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加美の関連情報