コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平記評判秘伝理尽鈔 たいへいきひょうばんひでんりじんしょう

1件 の用語解説(太平記評判秘伝理尽鈔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいきひょうばんひでんりじんしょう【太平記評判秘伝理尽鈔】

《太平記》の注釈・論評書。40巻。近世初期に大運院陽翁などが関与して成立したものか。《太平記》の主要章段に兵法や倫理面から論評を加え,異伝・裏話の類を補説する。楠流兵法の基本書ともされ,特異な《太平記》成立説も載せる。近世初期,この書を武士層に講釈・伝授する《理尽鈔》講釈が金沢などで行われ,初期の《太平記》講釈にも利用された。【加美 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の太平記評判秘伝理尽鈔の言及

【太平記読み】より

…仏教の唱導の系列から出たもので,《平家物語》は平曲となったが,《太平記》は説教僧,物語僧らによる講釈となった。近世初期に大運院陽翁(法華法印日応)らが《太平記評判秘伝理尽鈔》を著したが,これは《太平記》の評論を集大成したもので,後世の〈太平記読み〉の台本の正統となり,その伝授法が諸侯の間で書写されて数種類の末書を生んだ。また1668年(寛文8)に出た原友軒の《太平記綱目》も《理尽鈔》系の《太平記》の読み方を教えている。…

※「太平記評判秘伝理尽鈔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太平記評判秘伝理尽鈔の関連キーワード参考太平記太平記太平記読み難太平記近古史談源氏釈碁盤太平記前太平記太平記講釈太平記鈔

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone