太田 仁吉(読み)オオタ ニキチ

20世紀日本人名事典の解説

太田 仁吉
オオタ ニキチ

昭和期の記録映画作家



生年
明治26(1893)年3月25日

没年
昭和29(1954)年1月1日

出生地
北海道札幌郡豊平村

学歴〔年〕
札幌師範学校卒

経歴
小学校訓導となり、在職18年。その間昭和7年東京・芝の赤羽小在職中、横浜シネマと協力して科学教材映画「かえる」を製作。学校を辞め9年十字屋に入り映画部を創設、科学映画の製作に専念。11年「蟬の一生」「蜂の一生」、次いで「もんしろ蝶の話」「種子は風に乗って」「人と寄生虫」「稲熱病」「食用蛙」などを作った。16年十字屋映画部は日本映画社に統合され、終戦まで意欲喪失。戦後27年から活動、「生きているパン」「あげはちょう」「稲の一生」「ニホンザルの自然社会」「阿寒湖のまりも」「日本の稲作」など、貴重な秀作を残した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる