コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太笛 フトブエ

大辞林 第三版の解説

ふとぶえ【太笛】

神楽笛の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の太笛の言及

【笛】より


[雅楽の笛]
 神楽笛はやまとぶえとも呼ばれ,日本固有の笛と考えられてきた。指孔は6孔,長さ約46cm,高麗笛よりも管が太く,太笛(ふとぶえ)とも呼ばれる。高麗笛は6孔,竜笛は7孔で,これら3種の笛は長さや管径が異なるが,素材や外観は共通する。…

※「太笛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太笛の関連キーワードかぐら神楽笛高麗笛大和笛

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太笛の関連情報