太鼓女郎(読み)たいこじょろう

精選版 日本国語大辞典「太鼓女郎」の解説

たいこ‐じょろう ‥ヂョラウ【太鼓女郎】

〘名〙 江戸前期の上方遊郭で、三味線胡弓などをひいたりを舞ったりして、宴席の取り持ちをした女郎。位は囲(かこい)職で、揚代は九匁。
※俳諧・西鶴五百韻(1679)早何「かこゐをたつる木の丸の関〈西鶴〉 たいこ女郎名をなのるまで候はず〈西花〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「太鼓女郎」の解説

たいこ‐じょろう〔‐ヂヨラウ〕【太鼓女郎】

江戸初期の上方遊郭で、琴・三味線・胡弓(こきゅう)などを弾いたり舞をまったりして宴席を取り持った囲(かこい)女郎。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の太鼓女郎の言及

【芸者】より

…芸者には,遊郭に発生した郭(くるわ)芸者と市中に散在した町芸者との2系統があった。郭芸者の出現は,大坂で享保(1716‐36),江戸で宝暦(1751‐64)ごろであるが,その前身に元禄時代(1688‐1704)の太鼓女郎(たいこじよろう)がいた。遊女の芸能不足を補うために生まれたという。…

※「太鼓女郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android