奈河七五三助(3代)(読み)ながわ しめすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈河七五三助(3代) ながわ-しめすけ

?-? 江戸時代後期の歌舞伎作者。
2代奈河七五三助の門人。大坂の宮地芝居をへて文政のはじめごろ浜芝居に転じて,5年ごろに立作者(たてさくしゃ)となった。天保(てんぽう)4年(1833)京都北側の芝居にうつり,翌年南側の芝居で3代七五三助を襲名。前名は奈河一点,近松市郎兵衛,柳市郎兵衛,柳一良瓶。作品に「いろは文字読切講釈」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android