コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈河七五三助(3代) ながわ しめすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈河七五三助(3代) ながわ-しめすけ

?-? 江戸時代後期の歌舞伎作者。
2代奈河七五三助の門人。大坂の宮地芝居をへて文政のはじめごろ浜芝居に転じて,5年ごろに立作者(たてさくしゃ)となった。天保(てんぽう)4年(1833)京都北側の芝居にうつり,翌年南側の芝居で3代七五三助を襲名。前名は奈河一点,近松市郎兵衛,柳市郎兵衛,柳一良瓶。作品に「いろは文字読切講釈」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android