コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮地芝居 ミヤチシバイ

デジタル大辞泉の解説

みやち‐しばい〔‐しばゐ〕【宮地芝居】

江戸時代、臨時に許可を受けて、社寺の境内で興行した小屋掛け芝居。種々の規制を受け、回り舞台引き幕なども禁じられた。小芝居宮芝居

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みやちしばい【宮地芝居】

〈みやじしばい〉ともよみ,また宮芝居ともいう。名称は神社境内ないし門前の地に小屋掛けする小芝居に由来し,祭礼,勧進,開帳などの名目で臨時に認可された。恒常的な興行を許された大芝居との間にさまざまな格差があり,支配系統も,寺社奉行の下に統括された。江戸では,1645年(正保2)芝神明の笠屋三勝(かさやさんかつ)の芝居が古く,そのほか,市ヶ谷八幡,湯島天神神田明神,深川八幡など,京では誓願寺,北野,錦天神,大坂では御霊,天満,あみだ池など各地にあり,三都だけでなく地方の神社寺院にもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みやちしばい【宮地芝居】

江戸時代、劇場としての公許を得ず寺社奉行の管轄下で、社寺の境内で興行した小芝居。屋根や櫓やぐらがなく、幕は緞帳どんちようを用いた。宮芝居。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮地芝居
みやちしばい

緞帳芝居」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮地芝居
みやちしばい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宮地芝居の言及

【小芝居】より

…大芝居に対して二流三流どころの芝居をいう。江戸時代,官許以外の劇場は,はじめ,あちこちに散在したものが,だんだん制約を受け寺社の境内に限られるようになったので宮地芝居と呼ばれ,またその場合興行日数を100日に限って許されたので百日芝居ともいった。これらの小芝居は興行地,日数のみならず,は許されず,回り舞台や引幕も許されなかった。…

【宮地芝居】より

…江戸では,1645年(正保2)芝神明の笠屋三勝(かさやさんかつ)の芝居が古く,そのほか,市ヶ谷八幡,湯島天神,神田明神,深川八幡など,京では誓願寺,北野,錦天神,大坂では御霊,天満,あみだ池など各地にあり,三都だけでなく地方の神社寺院にもあった。宮地芝居の認可は日数を晴天100日に限って許されたので,〈百日芝居〉ともいわれたが,規制の弛緩に乗じて,100日の興行を繰り返し,ほとんど常打ちと変わりない興行形態もみられた。宮地芝居の繁栄を支えたのは,地理的な便の良さと入場料の安さだが,大芝居の中堅級の役者も出演するようになるなど,しだいに質的にも向上していった。…

【歌舞伎】より

… これら常設的な大劇場(町奉行の支配を受けた)のほかに,宮地や社地には寺社奉行の支配下にある小芝居が数多く存在した。これらを〈笹櫓〉〈宮地芝居〉〈百日芝居〉などと称する。 興行の機構は,江戸と上方とでは違いがあった。…

【劇場】より

…そのため雨天には公演は行えず,晴天の日には櫓太鼓を打って興行が催されることを知らせたという。ほかに公許されない〈宮地芝居(みやちしばい)〉が,近世初期には盛んだった。神社や寺院の境内,あるいは盛場ではやった小屋がけの小芝居である。…

【小芝居】より

…大芝居に対して二流三流どころの芝居をいう。江戸時代,官許以外の劇場は,はじめ,あちこちに散在したものが,だんだん制約を受け寺社の境内に限られるようになったので宮地芝居と呼ばれ,またその場合興行日数を100日に限って許されたので百日芝居ともいった。これらの小芝居は興行地,日数のみならず,は許されず,回り舞台や引幕も許されなかった。…

※「宮地芝居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宮地芝居の関連キーワード中村吉右衛門(旧・2代)中島三甫右衛門(初代)奈河七五三助(3代)中村雀右衛門(2代)中村 鶴助(5代目)中村喜代三郎(3代)植村文楽軒(4代)坂東国五郎(4代)中村粂太郎(3代)榊山小四郎(5代)小芝居(こしばい)鎌倉長九郎(2代)西国兵五郎(3代)中村京十郎(4代)中村鶴助(5代)片岡市蔵(初代)中村東蔵(2代)中村鶴助(4代)中村友三(3代)尾上芙雀(3代)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android