奉公人宿(読み)ほうこうにんやど

精選版 日本国語大辞典「奉公人宿」の解説

ほうこうにん‐やど【奉公人宿】

〘名〙 奉公人を周旋することをとする店。奉公人の保証人を引受けていたところから、奉公人はここを宿元として、宿下がりや奉公人同士の逢引にも利用した。奉公人口入所。人宿(ひとやど)
※浮世草子・世間胸算用(1692)二「奉公人宿へ忍びの約束もおのづからとまりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「奉公人宿」の解説

ほうこうにん‐やど【奉公人宿】

奉公人を周旋することを業とした店。奉公人の保証人にもなった。奉公人口入れ所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android