コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人宿 ヒトヤド

デジタル大辞泉の解説

ひと‐やど【人宿】

はたごや。旅館。
「草津の―にて年を取り」〈浮・永代蔵・二〉
使用人の周旋をする家。口入れ宿。人置き。
「かの―の出居衆(でゐしゅ)になって」〈浮・諸国ばなし・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひとやど【人宿】

江戸時代,男女奉公人周旋を業としたもの。町奉行所などの記録や法令では人宿とあるが,一般には,けいあん,口入,口入人などとよばれていた。人宿の語の初見は1640年(寛永17)であるが,より以前から使用されていたと思われる。江戸では若党や徒士(かち),中間(ちゆうげん)などの武家奉公人を多数必要とし,人宿を仲介とする雇用先の大半は武家方であった。人宿は奉公人の身元保証人(請人)となって判賃(判銭)を取り,また奉公先を周旋して契約が成立すると周旋料(口入料,口銭)をうけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひとやど【人宿】

旅館。はたごや。 「我ら此の辺にて-致す者なれども/浄瑠璃・津国女夫池」
雇い人の周旋や世話をする家。人置き。口入れ宿。 「かの-の出居衆になつて/浮世草子・諸国はなし 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の人宿の言及

【周旋屋】より

…また,より広く土地,建物などの売買の周旋をする業者も含めることができる。雇人の周旋業者は桂庵(けいあん),口入れ屋と通称されたほか,人宿(ひとやど),請宿(うけやど),人置(ひとおき),肝煎(きもいり)屋などとも呼んだ。近世初期以降,都市の発展にともなって出現したもので,とくに江戸に流入する多数の出稼ぎ奉公人に対し,その身元保証,雇入先の斡旋,そして,就職先がきまるまでの宿泊を行う必要があったことから必然的に発生したものと思われる。…

【奉公人】より

… 武家奉公は中世の末期まで譜代奉公をもって本来の姿とした。しかし,近世に入るとそれは漸次人宿(ひとやど)(口入屋(くちいれや),桂庵(けいあん)),日用座(ひようざ)を通じて雇用される百姓,町人による給金めあての一季(いつき),半季の出替(でがわり)奉公や月雇(つきやとい),日雇へと移りかわっていった。江戸幕府は慶長(1596‐1615)のころから一季奉公をしきりと禁じ(これは一季奉公人の多くあったことを示すものであろう),軍役の確保のため譜代奉公の維持につとめた。…

※「人宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

人宿の関連キーワード近畿への外国人観光客中国人旅行客の増加富士田千蔵(4代)小松(愛媛県)山口 仙之助生類憐みの令富岡製糸場鹿都部真顔寄親・寄子奈万須盛方石川豊信浮世草子買ひ問屋雪木宿成奉公人宿田中早苗日本橋筋前田三遊接待宿人置き

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人宿の関連情報