コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥典雅 おく すけまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥典雅 おく-すけまさ

1793-1850* 江戸時代後期の砲術家。
寛政5年生まれ。奥満雅(みつまさ)の子。安芸(あき)広島藩士。浅野家につかえ,自由斎流の砲術をおしえた。騎馬筒,歩行頭次席となり,子の邦雅に西洋式砲術の研究を許可した。嘉永(かえい)2年11月27日死去。57歳。通称は弥三兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥典雅の関連キーワード奥邦雅

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android