奥城・奥津城・墓(読み)おくつき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「つ」は「の」の意。「き」は構えて作ってある所の意。奥深い所にあって、外部からさえぎられた境域の意から) 墓所。神道では神霊をまつってある所。神の宮居。おくつきどころ。おきつき。
※万葉(8C後)一八・四〇九六「大伴の遠つ神祖(かむおや)の於久都奇(オクツキ)はしるく標(しめ)立て人の知るべく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android