大伴(読み)オオトモ

デジタル大辞泉の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおとも【大伴】

古代、現在の大阪から堺にかけての湾岸地帯をいった語。大和朝廷の船着場(御津みつ)もこの辺りにあった。

おおとも【大伴】

姓氏の一。古代の中央豪族。軍事をつかさどり、大和朝廷では大連おおむらじの地位にあった。壬申じんしんの乱に戦功があり、奈良時代にも名門貴族として朝政に加わったが、次第に藤原氏におされた。のち伴宿禰とものすくねと改姓。応天門の変ののち急速に衰えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大伴の関連情報