コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴 オオトモ

デジタル大辞泉の解説

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおとも【大伴】

古代、現在の大阪から堺にかけての湾岸地帯をいった語。大和朝廷の船着場(御津みつ)もこの辺りにあった。

おおとも【大伴】

姓氏の一。古代の中央豪族。軍事をつかさどり、大和朝廷では大連おおむらじの地位にあった。壬申じんしんの乱に戦功があり、奈良時代にも名門貴族として朝政に加わったが、次第に藤原氏におされた。のち伴宿禰とものすくねと改姓。応天門の変ののち急速に衰えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大伴の関連キーワード鳥取県鳥取市国府町庁来目部∥久米部石川郎女(3)大伴坂上郎女大伴田村大嬢大伴宿奈麻呂大伴大納言留女之女郎県犬養娘子阿倍安麻呂温故知新書安井大江丸石川郎女奈良時代大伴御行藤原郎女天忍日命大伴金村巨勢郎女大伴吹負

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大伴の関連情報