コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平源八 おくだいら げんぱち

1件 の用語解説(奥平源八の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平源八 おくだいら-げんぱち

?-? 江戸時代前期の武士。
下野(しもつけ)宇都宮藩士。寛文8年(1668)藩主奥平忠昌の法要の席で,父内蔵允が同藩の奥平隼人とあらそい自刃(じじん)。一族の夏目外記,奥平伝蔵らの助勢により10年出羽(でわ)上山(山形県)で隼人の弟主馬を討ち,12年江戸市ケ谷浄瑠璃坂(じょうるりざか)で隼人一族と決戦,父の仇を討った。自首して伊豆(いず)大島に流され,のち彦根藩井伊家につかえた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone