奥村謙蔵(読み)おくむら けんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村謙蔵 おくむら-けんぞう

1849-1902 明治時代の実業家。
嘉永(かえい)2年8月25日生まれ。明治2年上京,佃島(つくだじま)で佃煮製法をまなぶ。のち郷里茨城県霞ケ浦の小魚類を商品化し,東京に奥村本店を設立して販売にあたる。佃煮は日清日露戦争の際,軍用食に採用され,全国に普及した。明治35年2月13日死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android