コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佃煮 つくだに

7件 の用語解説(佃煮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佃煮
つくだに

魚介類,海草などを調味液で煮つめた加工食品江戸時代に佃島で初めて製造されたのでこの名がついたとされる。材料となるものを生で用いる場合と,塩蔵あるいは乾燥したものを用いる場合とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つくだ‐に【×佃煮】

《もと江戸佃島で作ったところから》小魚・貝・海藻などを醤油・みりんなどで煮つめた食品。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

佃煮【つくだに】

小魚類を醤油,砂糖,塩,水あめなどで濃く煮つめたもの。保存性がよく常備食として普及している。名称は江戸時代に江戸佃島で創製されたのにちなむ。ハゼ,アサリ,エビ,ワカサギ,フキ,葉トウガラシコンブ,ノリなど種類が多い。
→関連項目佃島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

つくだに【佃煮】

魚介類・海藻・野菜などを、しょうゆ・砂糖・みりんなどで濃い味に煮しめた料理。保存性に富む。◇江戸時代に佃島(つくだじま)(現東京都中央区)で作り始めたことからこの名があるとされる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つくだに【佃煮】

魚貝類,野菜,海藻などをしょうゆ,砂糖,水あめなどで濃い味に煮詰めたもの。保存性があるので,家庭の常備食品や弁当の菜などに適する。江戸時代に江戸佃島の漁民が,鮮魚としては売物にならぬ小魚類を利用して作り始めたといい,《俚言集覧》などに名が見える。ハゼ,ワカサギ,小エビ,アミ,ウナギカツオマグロハマグリ,アサリなどの魚貝類,コンブ,ノリなどの海藻,葉トウガラシ,フキ,ゴボウなどの野菜,ときには牛肉なども用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つくだに【佃煮】

〔江戸時代、江戸佃島で作り始めたのでこの名がある〕
魚介類・海藻などを醬油・味醂・砂糖で濃い味に煮しめたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佃煮
つくだに

小魚、小エビ、貝、海藻、野菜などをおもな原料として、しょうゆを主とした調味料で煮つめ、保存を目的とした加工食品。[河野友美・大滝 緑]

歴史

江戸時代の初期、摂津の佃村(大阪市西淀川(よどがわ)区佃)の漁民が、江戸・石川島の近くの小島に移住し、出身地の地名から佃島と名づけて漁業に従事していた。もともと佃村は田蓑(たみの)村という小さな漁村であり、漁民たちは、徳川家康が摂州多田廟(びょう)(兵庫県川西市多田神社)へ参詣(さんけい)するときに船で渡したり、また大坂の陣のときに家康を助けたことなどから家康にたいへん優遇され、永世漁業権、つまり無税で全国どこででも漁業ができる特権を与えられた。佃という名前も家康から与えられたものである。佃の漁民は家康の恩賞に感謝し、年に一度江戸へ魚を献上していた。しかし毎年江戸まで行くのはたいへんなので、江戸へ移住したい旨申し出ると、家康は快諾し、隅田川河口の佃島(東京都中央区佃)を与えたという。
 とれた魚は江戸城中や諸侯へ納めていた。残りの小さな雑魚(ざこ)は調味料で煮つめて自家用の総菜としていたが、保存がきき、値段も安くできるところから、佃島の近辺でも販売を始めるようになり、佃島でつくるので佃煮とよばれるようになった。佃煮はさらに、諸国の侍たちが交代で帰国する際、土産(みやげ)物として持ち帰ったところから、江戸名物として全国に広まるようになった。[河野友美・大滝 緑]

種類

もともとは小魚類を用いていたが、販路が伸び、各地でも佃煮がつくられるようになって、いろいろのものが原料として用いられるようになった。現在用いられているおもな材料は、魚類としては、カツオ、マグロ、ワカサギ、ハゼ、ゴリ、シラウオ、小ブナ、イカナゴ、シラス、小アユなど、貝類として、アサリ、ハマグリ、シジミ、アカガイ、カキなど、乾燥水産物として、するめ、干し小魚、干し貝類、干しえび、干しだら、昆布、海苔(のり)など、そのほか水産物としてアミ、エビなど、植物性のものとして、フキ、葉トウガラシ、サンショウ、シメジ、シイタケ、マツタケなどである。
 佃煮は元来、しょうゆで煮つめたものがおもであったが、最近は糖類を多く加えた甘味のあるものが多くなった。新鮮な材料を水でよく洗い、水けをきって煮立てた調味液の中に入れ、弱火でゆっくりと煮つめる。材料中の水分が濃度の濃い調味液と入れ替わることにより貯蔵性が高まる。貝類を、ショウガ、サンショウなどを加えたしょうゆで煮つめた時雨(しぐれ)煮、しょうゆのほかに水飴(みずあめ)やみりん、砂糖などをたっぷり使って汁気がなくなるまで煮つめた甘露(かんろ)煮(飴煮ともいう)も佃煮の一種である。溜(たまり)しょうゆで煮つめたハマグリの時雨煮は三重県桑名の、小アユの飴煮は滋賀県の、ゴリの佃煮は石川県の、それぞれ名産として名高い。[河野友美・大滝 緑]

栄養

骨ごと食べられる小魚では、タンパク質、カルシウム、リンなどの補給源となる。しかし、食塩含有量が高いので、高血圧症などの人は注意を要する。最近は塩分を控えた減塩の佃煮も現れている。[河野友美・大滝 緑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佃煮の関連キーワード漁労酢の物酢味噌煮付けベニエあえ物(和物)砂糖醤油生姜煮醤油漬け醤油焼き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佃煮の関連情報