コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥沢城 おくさわじょう

日本の城がわかる事典の解説

おくさわじょう【奥沢城】

東京都世田谷区にあった平城(ひらじろ)。天文から永禄年間(1532~70)ごろにかけて、世田谷を領していた吉良氏当主の吉良頼康によって、本城の世田谷城(同区)の支城として築かれたとされている。城の完成後、家臣の大平氏が入城してこの城を守った。1590年(天正18)の小田原の役後、吉良氏が豊臣秀吉から所領を没収されたことに伴い、世田谷城などとともに廃城となった。1678年(延宝6)、珂碩上人により同城跡に九品仏浄真寺が開山している。現在、かつての城跡の浄真寺境内には、方形に囲む土塁が残っている。東急大井町線九品仏駅から徒歩約5分。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android