コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥沢城 おくさわじょう

1件 の用語解説(奥沢城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

おくさわじょう【奥沢城】

東京都世田谷区にあった平城(ひらじろ)。天文から永禄年間(1532~70)ごろにかけて、世田谷を領していた吉良氏当主の吉良頼康によって、本城の世田谷城(同区)の支城として築かれたとされている。城の完成後、家臣の大平氏が入城してこの城を守った。1590年(天正18)の小田原の役後、吉良氏が豊臣秀吉から所領を没収されたことに伴い、世田谷城などとともに廃城となった。1678年(延宝6)、珂碩上人により同城跡に九品仏浄真寺が開山している。現在、かつての城跡の浄真寺境内には、方形に囲む土塁が残っている。東急大井町線九品仏駅から徒歩約5分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥沢城の関連キーワード世田谷区本多劇場世田谷浄真寺世田谷通り砧公園オオゼキシアタートラム世田谷パブリックシアター世田谷ライフマガジン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone