コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女子ラグビー じょしらぐびー women's rugby

2件 の用語解説(女子ラグビーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

女子ラグビー

ラグビーは競技特性から男性のみが行うスポーツとみられがちだが、欧州や南半球ラグビー強国では女性も盛んに行っており、1991年には12カ国が参加して第1回女子ラグビーワールドカップ開かれた。日本では88年に日本女子ラグビーフットボール連盟が結成された。日本女子ラグビーフットボール連盟は従来、日本ラグビーフットボール協会の関連団体であったが、2002年4月から協会傘下の団体として正式加盟し、協会から資金等の支援を受けることになった。女子日本代表は今までに3度ワールドカップに出場し、通算で2勝をあげている。06年には第5回女子W杯がカナダで開催され、ニュージーランドが3連覇。日本はアジア予選で敗退した。

(中川昭 筑波大学(体育科学系)教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

女子ラグビー

日本ラグビーフットボール協会によると、協会に登録する女子ラグビー選手は3月末現在で約3千人。うち高校生は313人で、石見智翠館の選手だけで約1割を占める。全国9地区で競う8月の「コベルコカップ第4回全国高校女子7人制大会」では、智翠館が中国地区チームの全選手を占め、3位に入った。クラブチームや大学が競う国内初の女子のリーグ戦「太陽生命女子セブンズ」(朝日新聞社後援)が5月にスタート。11月には大学日本一を決める大会も開かれる予定だ。

(2014-09-23 朝日新聞 朝刊 島根 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女子ラグビーの関連キーワード秩父宮ラグビー場アウトドアスポーツデフラグビーラグビースクール高校の10人制ラグビーラグビーストッキングラグビーパンツ国際ラグビー評議会ランニングラグビーラグビーリーグ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女子ラグビーの関連情報