奴詞(読み)やっこことば

精選版 日本国語大辞典の解説

やっこ‐ことば【奴詞】

〘名〙 江戸時代、武家に仕えた奴や侠客などが用いた特殊な荒々しいことばづかい。関東方言に基づく粗野な武家ことばの一種で、「涙」を「なだ」、「冷(つめた)い」を「ひゃっこい」、「事だ」を「こんだ」という類。六方詞(ろっぽうことば)
※狂歌・後撰夷曲集(1672)六「蕨の宿にて馬子どもの喧𠵅するを見て、かれが心すなわち奴子(ヤッコ)詞にてよみ侍りし」
[語誌](1)造語法としては、接頭語をつける例「ぶっこぼす(こぼす)」「つんでる(出る)」や、音を転化する例「ぼったて(追い立て)」「こんだ(事だ)」などがあり、促音化や撥音化に特徴がある。
(2)当時は奴詞を使った奴俳諧が流行したりして、奴詞の使用者は奴に限られなかった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android