奴俳諧(読み)ヤッコハイカイ

  • ▽奴俳諧

世界大百科事典 第2版の解説

俳諧用語。奴ことばを句ごとに詠みこんだ俳諧をいう。武家奉公などをした特異服装言動をしたが,そのスラングが奴ことば(六方(ろつぽうことば)とも)である。奴俳諧は寛文期(1661‐73)を中心に流行,可徳編・定興判《ゑ入清十郎ついぜんやつこはいかい》(1667)をはじめ,立圃(りゆうほ),半井卜養(なからいぼくよう),ケ庵等の独吟歌仙が知られている。芭蕉の《貝おほひ》(1672)も奴ことばを多用する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

江戸初期、江戸で流行した奴(男伊達)の詞を用いてよんだ俳諧。寛文七年刊「清十郎追善奴俳諧」(可徳編、定興判)などが知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 近世初期、江戸で流行した奴詞(やっこことば)を用いて作られた俳諧。承応期(一六五二‐五五)にすでに文献に見え、江戸俳人の作が多いが、京の立圃のものなどもある。寛文七年(一六六七)に刊行された可徳編、定興判の「ゑ入清十郎ついぜんやつこはいかい」が著名。
※咄本・百物語(1659)上「やっこはいかいとて人のしけるを聞しに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android