コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴隷制度廃止国際デー

1件 の用語解説(奴隷制度廃止国際デーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

奴隷制度廃止国際デー

12月2日。1949年12月2日、国際連合総会にて「人身売買及び他人の売春からの搾取の禁止に関する条約」が採択されたことにちなむ。英文表記は《International Day for the Abolition of Slavery》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奴隷制度廃止国際デーの関連キーワード議定国連デードゥーマサザエさん国際移民デー国連加盟記念日世界人権デーパンの記念日ボンカレーの日残留孤児・婦人訴訟判決

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奴隷制度廃止国際デーの関連情報