奸吏・姦吏(読み)かんり

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐り【奸吏・姦吏】

〘名〙 よこしまな心を持った役人。黠吏(かつり)
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「其土地の人自国の暴君姦吏に窘められしに」 〔史記‐張湯伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android