好いたらしい(読み)スイタラシイ

デジタル大辞泉の解説

すいた‐らし・い【好いたらしい】

[形]なんとなく好ましく思われる。感じがいい。
「お常は三蔵を―・い人だと思う」〈虚子俳諧師

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいたらしい【好いたらしい】

( 形 )
〔動詞「好く」の連用形に助動詞「た」「らしい」の付いた語か〕
好ましい。感じがよい。 「 - ・い正直な初心うぶの方よ/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android