コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸車 イトグルマ

3件 の用語解説(糸車の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いと‐ぐるま【糸車】

糸繰り車」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いとぐるま【糸車】

糸繰いとくり車ぐるま 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糸車
いとぐるま

紡車(ぼうしゃ)、糸繰車(いとくりぐるま)、糸撚(いとより)車、早糸(はやいと)車とも称し、手で車を回転させながら、糸を紡いだり撚りかけをする道具。また緯(よこ)糸を管(くだ)に巻く管巻車(くだまきぐるま)(緯巻(よこまき)車)にも使用する。構造は一方の柱に竹製(木製のものもある)の大きな車を取り付け、他方には紡錘(つむ)を装置し、これを早糸で連結しておく。車を手で回転させながら短繊維の場合では牽引(けんいん)したのち撚りかけをし、誘導する手の位置を紡錘の軸と直角にして巻き取る。準長繊維(靭皮(じんぴ)繊維)では、すでに績(う)んであるから、糸車では撚りかけをし紡錘に巻き取るだけである。この車の大きさには大小2種あり、大きいものは麻、小さいものは木綿に使用したが、現在では混用している。地域的特徴は、関東地方のものは木製のものが多く、近畿地方のものは後ろ足がついて糸車全体が前方に傾斜している。中国地方以西のものは車が大きく、紡錘との距離が短い。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の糸車の言及

【織物】より

…この方法を今も踏襲しているのが小千谷縮(おぢやちぢみ)の撚糸作りで,手代木を使い,飯茶碗を〈うけ〉に応用している。 この方法よりやや進歩したものが,機械による精紡機の発明までながく世界中で用いられてきた糸車あるいは糸繰車である。これは一方に大きな車を取りつけ,他方に錘を装置し,それをベルトで連結し,車を回すことによって錘をはやく回転させるように作った道具で,糸はこの回転している錘に,撚りがかかりながら巻き取られるのである。…

※「糸車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

糸車の関連キーワード糸繰り糸縒り車滑り車戻り車綿繰り綿繰り車綿車糸繰車調べ糸手繰り車

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

糸車の関連情報