コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妊娠性疱疹 にんしんせいほうしん Herpes Gestationis

1件 の用語解説(妊娠性疱疹の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

にんしんせいほうしん【妊娠性疱疹 Herpes Gestationis】

[どんな病気か]
 おもに妊娠末期ないし産褥期(さんじょくき)の妊婦に出現する病気で、全身に浮腫性(ふしゅせい)の紅斑(こうはん)と水疱(すいほう)ができます。妊娠中に現われる水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいてんぽうそう)と考えられています。
[検査と診断]
 天疱瘡(「天疱瘡」)と同様の検査を行ない、表皮下の水疱と、皮膚細胞の基底膜部に補体成分が沈着しているか、血液中に補体結合性IgG(免疫グロブリンG)である抗表皮基底膜部抗体(こうひょうひきていまくぶこうたい)(妊娠性疱疹因子(にんしんせいほうしんいんし))があるかを調べて診断します。
[治療]
 重症の場合は副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンの内服療法となりますが、分娩後(ぶんべんご)に自然に治ることも多いため、軽症の場合は、出産まで副腎皮質ホルモンの外用剤(軟膏(なんこう)など)で経過を観察します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

妊娠性疱疹の関連キーワード子癇羊水死産多胎オモニ何心地不死身不妊プリマドンナ病は気から

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone