コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妊娠早期診断(読み)にんしんそうきしんだん

百科事典マイペディアの解説

妊娠早期診断【にんしんそうきしんだん】

妊娠の早期判定は,疑徴および不確徴(妊娠徴候)により下し得るが,最も確実なのは胎盤から分泌され,尿中に排出される絨毛(じゅうもう)性性腺刺激ホルモンを証明する方法で,特に妊娠2〜3ヵ月ころ強く分泌されるので早期診断に有効。その方法には実験動物(マウス,ウサギ,カエルなど)に尿を注射してその結果から判定する生物学的診断法と,免疫反応を利用する免疫学的診断法とがある。また,超音波診断装置によって,胎嚢(たいのう)の存在や胎児心拍を証明することは確実な診断法となる。
→関連項目妊娠検査薬

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android