コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妊娠徴候 にんしんちょうこう

百科事典マイペディアの解説

妊娠徴候【にんしんちょうこう】

妊娠による母体の諸変化ならびに胎児が存在することによって起こる徴候。確徴,疑徴(半確徴),不確徴に分ける。確徴は胎児に基づくもので,内診・外診による胎児部分の触知,胎児心音・臍帯(さいたい)雑音の聴取,X線撮影による胎児骨格の確認,胎動の確認のうちの一つが証明されれば妊娠と確定するが,ふつう妊娠5ヵ月以後にならないと確認不可能。
→関連項目想像妊娠妊娠早期診断

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妊娠徴候の関連情報