妙工(読み)ミョウコウ

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐こう メウ‥【妙工】

〘名〙 すぐれた細工。また、すぐれた職人。
詩学逢原(1763)下「是等皆縫目の処にかます字を錬たる者なり。其銕を転じて金と成す。妙工よくよく作り覚ゆべきなり」 〔江淹‐扇上綵画賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android