(読み)タエ

デジタル大辞泉の解説

たえ〔たへ〕【妙】

[形動][文][ナリ]
不思議なまでにすぐれているさま。何ともいえないほど美しいさま。「なる楽の音」
きわめてじょうずなさま。
「歌にあやしく―なりけり」〈古今仮名序

みょう〔メウ〕【妙】

[名・形動]
いうにいわれぬほどすぐれていること。きわめてよいこと。また、そのさま。「演技の」「自然の」「言い得てだ」
不思議なこと。奇妙なこと。また、そのさま。「な事件」「夜中にな音がする」「に憎めない人」
《「妙」の字を分解すると「少女」となるところから》寺の囲い女。僧侶たちの間で用いた語。
「庫裡(くり)から―が粗忽(そこつ)に出でて言ひけるは」〈咄・醒睡笑・三〉

みょう【妙】[漢字項目]

常用漢字] [音]ミョウ(メウ)(呉) ビョウ(ベウ)(漢) [訓]たえ
言うに言われぬほど美しい。「妙音美妙
奥深く味がある。きわめて巧みである。「妙案妙手妙味妙薬軽妙玄妙巧妙神妙(しんみょう)神妙(しんびょう)精妙絶妙即妙微妙霊妙
うら若い。「妙齢
変わっている。不思議だ。「奇妙珍妙
[名のり]ただ・たゆ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たえ【妙】

( 形動ナリ )
不思議なほどにすぐれているさま。霊妙なさま。 「 -におもしろくあやしきまでひびく/源氏 若菜上
上手であるさま。巧みであるさま。 「山の辺の赤人といふ人ありけり。歌にあやしく-なりけり/古今 仮名序」 → 妙なる(連体)

みょう【妙】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
非常にすぐれていること。なみはずれてすばらしいこと。また、そのさま。 「造化の-」 「人工の-をつくす」 「言い得て-だ」
普通と違っていて変なこと。不思議なこと。また、そのさま。 「 -な話」 → 妙に
〔「妙」の字を分解すると「少」「女」となることから〕 僧侶の隠語で少女。寺のかこい女。 「庫裡から-が粗忽に出でて/咄本・醒睡笑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妙の関連情報