コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タエ

デジタル大辞泉の解説

たえ〔たへ〕【妙】

[形動][文][ナリ]
不思議なまでにすぐれているさま。何ともいえないほど美しいさま。「なる楽の音」
きわめてじょうずなさま。
「歌にあやしく―なりけり」〈古今仮名序

みょう〔メウ〕【妙】

[名・形動]
いうにいわれぬほどすぐれていること。きわめてよいこと。また、そのさま。「演技の」「自然の」「言い得てだ」
不思議なこと。奇妙なこと。また、そのさま。「な事件」「夜中にな音がする」「に憎めない人」
《「妙」の字を分解すると「少女」となるところから》寺の囲い女。僧侶たちの間で用いた語。
「庫裡(くり)から―が粗忽(そこつ)に出でて言ひけるは」〈咄・醒睡笑・三〉

みょう【妙】[漢字項目]

常用漢字] [音]ミョウ(メウ)(呉) ビョウ(ベウ)(漢) [訓]たえ
言うに言われぬほど美しい。「妙音美妙
奥深く味がある。きわめて巧みである。「妙案妙手妙味妙薬軽妙玄妙巧妙神妙(しんみょう)神妙(しんびょう)精妙絶妙即妙微妙霊妙
うら若い。「妙齢
変わっている。不思議だ。「奇妙珍妙
[名のり]ただ・たゆ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たえ【妙】

( 形動ナリ )
不思議なほどにすぐれているさま。霊妙なさま。 「 -におもしろくあやしきまでひびく/源氏 若菜上
上手であるさま。巧みであるさま。 「山の辺の赤人といふ人ありけり。歌にあやしく-なりけり/古今 仮名序」 → 妙なる(連体)

みょう【妙】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
非常にすぐれていること。なみはずれてすばらしいこと。また、そのさま。 「造化の-」 「人工の-をつくす」 「言い得て-だ」
普通と違っていて変なこと。不思議なこと。また、そのさま。 「 -な話」 → 妙に
〔「妙」の字を分解すると「少」「女」となることから〕 僧侶の隠語で少女。寺のかこい女。 「庫裡から-が粗忽に出でて/咄本・醒睡笑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

妙の関連キーワード上信越高原国立公園妙高高原(旧町名)新潟県妙高市田切新潟県妙高市桶海滋賀県守山市中町池ノ平[温泉]智覚普明国師由良妙印尼妙ちきりん普明国師妙高高原橘逸勢女赤倉温泉大灯国師妙雲如来大燈国師妙高市江口君鄭学川関温泉

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妙の関連情報