コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙応寺白塔 みょうおうじはくとうMiao-ying-si bai-ta

1件 の用語解説(妙応寺白塔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妙応寺白塔
みょうおうじはくとう
Miao-ying-si bai-ta

中国,北京市阜成門内にあり,妙応寺は白塔寺と俗称されるほど白色ラマ塔が有名。妙応寺は,元代に聖寿万安寺と呼ばれた皇帝のための名刹であったが,明の天順1 (1457) 年に改称された。そこには遼の寿昌2 (1096) 年に建立された 塼塔 (せんとう) があったが,元の至元8 (1271) 年に中を開くと舎利があったので,その上にラマ塔を建立 (79) した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の妙応寺白塔の言及

【塔】より

…南宋)など,各地に優れた遺構が少なくない。ラマ教の塔では,ストゥーパの原型を濃厚にとどめたチベットのチョルテン式のラマ塔があり,妙応寺白塔(北京。元)が最古の遺構である。…

【妙応寺】より

…中国北京市阜成門内にある仏寺。白塔が著名で,妙応寺白塔として知られる。かつて同地には遼の1096年(寿昌2)建設の塼(せん)塔があったが,元の世祖の1271年(至元8)にこれを廃してラマ塔を建てることになり,ネパール国王一族のアニカ(阿尼哥)が指導し,8年後に完成したのが現在の白塔で,このとき大聖寿万安寺の名を賜った。…

※「妙応寺白塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone