コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舎利 しゃり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舎利
しゃり

サンスクリット語 śarīraの音写で,本来は「身体」の意。ときに死体や遺骨を意味するが,一般には釈尊の遺骨をいい,それを安置した塔を舎利塔などと称する。また,形が似ていることから米つぶ,米飯を舎利という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さり【舎利】

しゃり(舎利)

しゃり【舎利】

《〈梵〉śarīraの音写。身骨と訳す》
仏や聖者の遺骨。特に釈迦(しゃか)の遺骨をさし、塔に納めて供養する。仏舎利。
火葬にしたあとの遺骨。
「お―になって砂に埋まっちゃやそれっきりだからな」〈中勘助・鳥の物語〉
《形が1に似ているところから。多く、仮名書きにする》白い米粒。また、米飯。白飯。「すし種も舎利もいい」「銀舎利
蚕の病気の一。糸状菌(カビ)におかされ、白く硬くなって死ぬもの。

しゃり【舎利】[謡曲]

謡曲。五番目物。旅の僧が京都東山の泉涌寺(せんにゅうじ)仏舎利を拝んでいると、足疾鬼(そくしつき)が舎利を奪って飛び去るが、韋駄天(いだてん)が取り返す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

舎利【しゃり】

サニスクリットのシャリーラの音写。本来は骨の意だが,特に釈迦や聖者の遺骨をいい,釈迦のものを仏舎利という。釈迦の遺体は火葬にされ,信徒によって分けられ,これを納めた塔が建てられたが,日本の塔は舎利(舎利を象徴する玉などを代用する場合が多い)を舎利容器に納め,これを心礎にして建てられた。日本では中世に仏舎利への信仰が盛行し,東寺の舎利,俊【じょう】(しゅんじょう)が中国から将来したという泉涌寺(せんにゅうじ)の舎利などが貴賤の尊崇をあつめた。芸能では謡曲《舎利》が有名。→舎利塔

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃり【舎利】

遺骨のこと。とくに釈迦の遺骨を指して仏舎利(ぶつしやり)ともいう。サンスクリットのシャリーラśarīraの音写。古代インドには,偉大な聖者の遺骨を供養することによって天界に生まれることができるという観念があったらしく,釈迦の遺骨も当時の有力な部族や王によって八つに分配され,それらを祀るストゥーパstūpa(塔)がそれぞれの地に建てられたことが古い仏伝に記されている。また,アショーカ王はそれら八つの中の七つの塔から釈迦の遺骨をすべて集め,あらためて細分して各地に分配し,それらを納めたストゥーパを8万4000基建てたと伝えられ,いくつかは残っていたことが玄奘の《大唐西域記》などにも記されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さり【舎利】

しゃり【舎利】

〘仏〙 遺骨。特に仏や聖人の遺骨をいう。仏舎利。さり。 「 -容器」
白い米つぶ。また、米飯。 「銀-」
おしゃり(御舎利)」に同じ。
[句項目] 舎利が甲になる

しゃり【舎利】

能の一。五番目物。旅僧が泉涌寺で仏舎利を拝しているところへ、里人が来て舎利のいわれを語る。里人は足疾鬼そくしつきと変じて舎利を奪って逃げるが、韋駄天いだてんが現れて舎利を取り戻す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舎利
しゃり

サンスクリット語シャリーラarraの音訳で、原義は身体のことであるが、転じて遺骨、とくに仏陀(ぶっだ)(釈迦(しゃか))の遺骨をさし、仏舎利、仏骨という。骨崇拝は先史時代よりあったものと考えられるが、仏教で舎利崇拝がおこったのは、仏陀がクシナガラで入滅し、その遺体が火葬に付され、遺骨と灰が仏陀ゆかりの八つの土地に分納され、塔が建立され供養されて以来のことである。アショカ王は、上記八つの仏塔のうち七つを開けて舎利を分け、インド各地に多数の仏塔を建てたと伝えられる。スリランカのキャンディにある仏歯(ぶっし)寺には、古く仏陀の歯骨が伝えられ、今日も人々の熱心な崇拝の対象となっている。わが国でも舎利供養のための法会(ほうえ)が行われたことが、『日本書紀』などにもみえる。1898年(明治31)ネパールにおいて、仏陀の遺骨とみられるものが発掘されて仏教諸国に分与された。日本では名古屋市覚王山の日泰(にったい)寺に安置奉祀(ほうし)されている。なお、舎利を安置する塔を舎利塔、舎利を納めておく堂宇を舎利殿という。[高橋 壯]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の舎利の言及

【舎利容器】より

舎利はサンスクリットで〈身体〉の意であるが,仏教では仏舎利として釈迦の遺骨をさし,これが尊ばれる。実際にはこれに替わるものとして籾,牛玉,玉類などを尊重し,塔中に安置した。…

【ストゥーパ】より

…しかし古い時代には釈迦のみならず高徳の比丘のストゥーパも造られた。また仏舎利塔とも呼ぶように原則として釈迦の舎利(焼骨śarīra)をその中に納めるが,仏髪や仏牙(仏歯)のストゥーパも伝えられており,実際には遺骨の代りに宝石や貴金属などを用いたり,経文や経巻などの法舎利を納めたものもある。前3世紀のアショーカ王は最初の8塔のうちの7塔から分骨してインド各地に8万4000のストゥーパを造立したという伝説があり,王が造塔を大いに推進したことをうかがわせる。…

【塔】より

…すなわち,初期の仏寺に出現した浮屠は,インドのストゥーパの象徴的な細部,チャトゥラーバリ(傘蓋),ヤシュティ(傘竿)を,中国の伝統的な木造楼閣に採取した建築であると同時に,機能的には後世の仏殿に相当するものであった。その後,伽藍内において仏を供奉する仏殿と仏舎利を安置する高塔の機能分離が行われ,後者の建築類型として定着したのが,中国独自の仏教建築形式としての塔であるといえよう。 中国における塔の形式は,しかしながら一様ではなく,上記のような層塔を楼閣式と呼ぶのに対して,密檐(みつえん)式と称する軒だけを幾重にも重ねた形式も少なくなく,さらに単層塔,ラマ塔,金剛宝座塔,花塔などの形式もある。…

【仏教美術】より

…しかし,釈迦が滅するや,大衆は〈法〉のみでは満足せず,しだいに〈仏〉を主体とする造形を生み出していった。その一つは早くからみられ,荼毘(だび)に付された釈迦の遺骨(舎利)を人々は求め,舎利は分配され,これを中心に塔が建立された。舎利信仰の隆盛にともない,塔は石造化し,さらに塔門や柵には浮彫が施され,荘厳化が進む。…

【仏歯祭】より

…スリランカで,仏歯すなわち釈迦の遺骨(舎利(しやり))の一部である歯を供養して行われる祭り。この仏歯は釈迦の左の犬歯といわれ,4世紀後半にインド本国のカリンガ国からスリランカにもたらされ,以後王宮内に安置され,王位継承のしるしとされた。…

【骨】より

…古代エジプト人は天然磁石を〈ホルスの骨〉と呼び,鉄を〈セトの骨〉と考えた。日本で今も米粒を〈しゃり〉というのは,仏陀の遺骨舎利(サンスクリットでシャリーラśarīra)が火葬後に分けられて細粒化したのに形が似るからである。 骨折は古くから人を悩ます大問題で,さまざまな治療が試みられている。…

※「舎利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

舎利の関連キーワード福島県石川郡玉川村南須釜岐阜県美濃市上野サンスクリット語舎利が甲になる甲が舎利になるシャーリプトラアショーカ王止止不須説十大弟子仏舎利会舎利礼文四大弟子舎利菩薩仮名書き舎利講会御舎利韋駄天足疾鬼銀舎利しゃり

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舎利の関連情報