コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙応寺 みょうおうじMiào yìng sì

世界大百科事典 第2版の解説

みょうおうじ【妙応寺 Miào yìng sì】

中国北京市阜成門内にある仏寺。白塔が著名で,妙応寺白塔として知られる。かつて同地には遼の1096年(寿昌2)建設の塼(せん)塔があったが,元の世祖の1271年(至元8)にこれを廃してラマ塔を建てることになり,ネパール国王一族のアニカ(阿尼哥)が指導し,8年後に完成したのが現在の白塔で,このとき大聖寿万安寺の名を賜った。全高50.9m,白色塗で,塼積みの須弥座式基壇と円形平面の塔身・塔刹からなる。中国に出現した最初のラマ塔でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

妙応寺の関連キーワード喜田華堂春巌祖東大徹宗令中国建築禅室宗案今須

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android