妙花(読み)みょうか

精選版 日本国語大辞典「妙花」の解説

みょう‐か メウクヮ【妙花】

〘名〙
① すばらしい花。
※性霊集‐六(835頃)弘仁太上為故中務卿伊与親王修功徳願文「香饌断結、妙花含光」
能楽で、この上もない芸の境地至高のおもしろさ。
※風姿花伝(1400‐02頃)五「正直円明にして、世上万徳の妙花を開く因縁なりと、たしなむべし」
九位(1428頃)「無心の感、無位の位風の離見こそ、妙花にや有るべき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android