妙花風(読み)ミョウカフウ

大辞林 第三版の解説

みょうかふう【妙花風】

世阿弥の能楽用語。九位きゆういの最上位で、言葉で説明できない、芸の位を超えた悟得の境地にある芸。 → 九位

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょうか‐ふう メウクヮ‥【妙花風】

〘名〙 世阿彌が能の芸位の段階を九つに分けた中の第一位。芸の極致、ことばでは表現することのできない最高至上の風体。→九位。〔九位(1428頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android