妙荘厳王(読み)ミョウショウゴンオウ

精選版 日本国語大辞典の解説

みょうしょうごん‐おう メウシャウゴンワウ【妙荘厳王】

菩薩の名。王であった時、バラモンを信じていたが、夫人と二子の諫めで法華経を聴いて仏法に帰依した。妙荘厳
無名抄(1211頃)「妙荘厳王の神変をみするに」 〔法華経‐妙荘厳王本事品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる