妹背山(読み)いもせやま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妹背山(奈良県)
いもせやま

奈良県中部、吉野川を挟んで相対する右岸の妹山(いもやま)(260メートル)と左岸の背山(せやま)(272メートル)の総称。吉野町に属す。両山は吉野川の侵食によって切り離されたと考えられ、背は夫、妹は妻を意味し、浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)の『妹背山婦女庭訓(おんなていきん)』で知られる。妹山にはツルマンリョウ、ルリミノキ、テンダイウヤクなど暖地性植物の群生がみられ、妹山樹叢(じゅそう)として国の天然記念物に指定されている。その南西麓(ろく)に大名持(おおなもち)神社があり、神山とされたため、原始林の林相を現在に保つことができた。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

妹背山の関連情報