コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルリミノキ Lasianthus japonicus Miq.

世界大百科事典 第2版の解説

ルリミノキ【Lasianthus japonicus Miq.】

アカネ科の常緑低木。果実が美しいるり色となるためこの名がある。高さ1~1.5m,幹から分枝する枝は普通2本ずつ水平に出る。葉は長さ9~15cmの楕円形。花は葉腋(ようえき)に数個ずつつき,5~6月に咲く。花冠は筒状漏斗形,白色で乾くと黒くなる。子房は下位,5室で各室に基生する1個の胚珠がつく。果実は球形,直径8mm。本州(静岡県以西),四国,九州,台湾,中国南部に分布する。 ルリミノキ属Lasianthusはアジアの熱帯を中心に約150種あるが,とくに利用されるものはない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルリミノキ
るりみのき / 瑠璃実木
[学]Lasianthus japonicus Miq.

アカネ科の常緑低木。高さ1.5メートル以内、枝は水平に出る。5~6月、葉腋(ようえき)に白色花を数個固めて開く。子房は下位で二室、各室に直立する胚珠(はいしゅ)を1個つける。果実は美しい青色になる。名は、果実の色に由来する。静岡県以西の本州から沖縄、中国南部に分布する。枝や葉に褐色の毛の多い品種をサツマルリミノキという。[福岡誠行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルリミノキの関連キーワード妹背山(奈良県)奄美大島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android