姉御前(読み)あねごぜ

精選版 日本国語大辞典「姉御前」の解説

あね‐ごぜ【姉御前】

〘名〙 (「ごぜ」は接尾語) =あねご(姉御)
※大観本謡曲・竹雪(室町末)「われのみならず母上御前(あねごぜ)も思ひは、長松の風、身にしむばかり更くる夜の」

あね‐ごぜん【姉御前】

幸若信太(室町末‐近世初)「いささせ玉へ姉こせん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「姉御前」の解説

あね‐ごぜ【姉御前】

姉を敬っていう語。
「母上も―も」〈謡・竹雪〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android