姉貴(読み)あねき

精選版 日本国語大辞典「姉貴」の解説

あね‐き【姉貴】

〘名〙 (「あねぎみ(姉君)」の変化した語か。「」は当て字)
を敬って、また、親しんでいう語。ねえさん。
※類従本仙源抄(1381)「いぬき。犬公也〈世俗にあねき、をぢきと云同心」
※鱧の(1914)〈上司小剣〉七「お前の酒飲むことは、姉貴も薄々知ってるが」
② 女が、他のより年上であること。また、その女。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「姉貴」の解説

あね‐き【姉貴】

姉を敬って、または、親しんでいう語。
遊び人仲間などで、年上の女を敬っていう語。
[補説]「あねぎみ」の音変化か。「貴」は当て字。
[類語]姉さん姉御姉ちゃんお姉さんお姉ちゃん姉上実姉義姉兄嫁長姉次姉亡姉愚姉令姉賢姉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android