(読み)あね

精選版 日本国語大辞典「姉」の解説

あね【姉】

〘名〙
① 親を同じくする者同士で、年上の女性。実姉。いろね。⇔
※古事記(712)上「又『汝の兄弟(はらから)有りや』と問ひたまへば、『我が姉、石長比売在り』と答へ白しき」
※伊勢物語(10C前)一六「尼になりて、あねのさきだちてなりたる所へ行くを」
② 妻や夫の姉妹で、妻や夫より年上の女子、また、兄の妻など。義姉。義理の姉。
※アパアトの女たちと僕と(1928)〈龍胆寺雄〉六「義母(はは)も義姉(アネ)たちも異分子として僕を認めるほどの関心すら、僕には持たなかった」
③ ひろく女性を親しんで呼ぶ称。
※涅槃経集解巻十一平安初期点(850頃)「姉(アネ)と、我も亦是のごとし」
④ 女性が他の者よりも年長であること。
※あさぢが露(13C後)「しきぶの大夫うせて後いま七八年のあねなれどもかたらひつきて」
※河東節・灸すへ巖の畳夜着(1726)「世話になるをば姉といひ、うきを語るを妹と、名を呼かはす世界なり」
[語誌]姉妹を指す語として、年齢を区別しない「いも」「いもうと」もあり、平安時代までは「あね」とも「いもうと」とも呼んだ。例えば「源氏物語」の空蝉(うつせみ)という女性は、弟の小君(こぎみ)から両方の語でよばれている。その場合、「あね」は法制的な続柄、「いもうと」は近しく暮らす間柄という違いであったらしい。→いもいもうと

いね【姉】

〘名〙
① 「姉」の女房詞。
② 下女。女中。

あねえ【姉】

〘名〙 (「あね(姉)」の変化した語)
① =あね(姉)
※雑俳・柳多留‐二九(1800)「あねへは女郎弟は角兵へ獅々」
② 若い女を親しんで、また、気軽に呼ぶ語。ねえさん。
※洒落本・多佳余宇辞(1780)「どうだ姉(アネ)ヱかわる事もねへか」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「ヲイヲイあねへ、親方に〈略〉焼鍋を一枚あつらへてくんな」
③ 妻を呼ぶ語。
※洒落本・筬の千言(1812頃)下「姉ヱ〈女房の事也〉茶碗壱つくれ」

あんねえ【姉】

〘名〙 (「あんねい」とも。「あね(姉)」の変化した語)
① ねえさん。先輩格の女や、単に若い女を呼ぶのに用いることが多い。
※咄本・蝶夫婦(1777)の見物「あんねへもせなあも出て見され」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「わしもハイ、此内では、あんねいあんねいといわれる、女郎でおざいます」
② 娘。
※随筆・裏見寒話(1753)付録「あんねい 娘の事」

し【姉】

[1] 〘名〙 きょうだいのうち先に生まれた女子。あね。
[2] 〘接尾〙 同輩以上の婦人に対し、その氏名に添える敬称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「姉」の解説

し【姉】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]あね
学習漢字]2年
〈シ〉
あね。「姉弟姉妹義姉実姉長姉
女性に対する敬称。「貴姉諸姉大姉
〈あね〉「姉上姉御
[名のり]え
[難読]従姉(いとこ)従姉妹(いとこ)

あね【姉】

きょうだいのうち、年上の女。⇔
《「義姉」とも書く》妻や夫の姉。また、兄の妻。義姉(ぎし)。
(「あねさん」などの形で)女性を親しんでいう語。

し【姉】

[接尾]同輩の女性の氏名に付けて、尊敬を表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android