コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アネ

デジタル大辞泉の解説

あね【姉】

きょうだいのうち、年上の女。⇔
《「義姉」とも書く》妻や夫の姉。また、兄の妻。義姉(ぎし)。
(「あねさん」などの形で)女性を親しんでいう語。

し【姉】

[接尾]同輩の女性の氏名に付けて、尊敬の意を表す。

し【姉】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]あね
学習漢字]2年
〈シ〉
あね。「姉弟姉妹義姉実姉長姉
女性に対する敬称。「貴姉諸姉大姉
〈あね〉「姉上姉御
[名のり]え
[難読]従姉(いとこ)従姉妹(いとこ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あね【姉】

同じ親から生まれた年上の女。年上の女のきょうだい。 ↔
兄の妻。あるいは夫や妻の年上の女のきょうだい。義姉。

し【姉】

( 接尾 )
同輩以上の女性の氏名に付けて、尊敬の意を表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

姉の関連キーワード京都府京都市中京区丸屋町京都府京都市中京区油屋町プトレマイオス[2世]セリーナ ウィリアムズお姉さん・お姐さん安寿と厨子王姉婿・姉聟快傑黒頭巾藤田 陽子三室戸房子姉小路自綱小兄比売小姉さん三木自綱大姉さん橋本いよ紅皿欠皿三木頼綱姉小路家御姉さん

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姉の関連情報