コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姜早丹 きょう そうたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姜早丹 きょう-そうたん

?-? 江戸時代後期の陶工。
薩摩(さつま)日置(ひおき)郡の苗代川(なえしろがわ)焼(鹿児島県東市来(ひがしいちき)町美山(みやま))の名手弘化(こうか)(1845-48)のころ宋胡録(すんころく)(タイの焼物)風の陶器をつくった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

姜早丹の関連キーワード陶工

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android