コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姜早丹 きょう そうたん

1件 の用語解説(姜早丹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姜早丹 きょう-そうたん

?-? 江戸時代後期の陶工。
薩摩(さつま)日置(ひおき)郡の苗代川(なえしろがわ)焼(鹿児島県東市来(ひがしいちき)町美山(みやま))の名手。弘化(こうか)(1845-48)のころ宋胡録(すんころく)(タイの焼物)風の陶器をつくった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

姜早丹の関連キーワード浅見五郎介開善寺内田源助黄谷河野仙右衛門宗七(5代)陶斎樋渡次右衛門朴正伯星山仲兵衛

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone