コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日置 へき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日置
へき

山口県北西部,長門市北西部の旧町域。日本海に面する。 1978年町制。 2005年長門市,三隅町,油谷町の1市2町と合体して長門市となった。沈水海岸が続く北浦地域では珍しく平野のみられる農村地帯。中心集落の古市は古くからの米の集散地大部分が丘陵地で,農林畜産業が主産業。水産業も行なわれる。沿岸部は北長門海岸国定公園に属する。付近に黄波戸温泉がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひおき【日置】

鹿児島県西部の市。東シナ海沿岸は白砂青松の吹上浜、内陸はシラス台地。美山は薩摩焼で知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日置
へき

山口県北西部、大津郡にあった旧町名(日置町(ちょう))。現在は長門(ながと)市の北西部を占める地域。旧日置町は、1978年(昭和53)町制施行。2005年(平成17)長門市と合併。日本海に臨み、大津平野の東部を占める農村地帯。JR山陰本線と国道191号が東西に走る。『和名抄(わみょうしょう)』の日置郷(ひおきごう)、中世の日置庄(へきしょう)(三条家)の地。北長門沿岸第一の米どころで、古市(ふるいち)は大津平野の宿駅、市場町として発達した。海岸一帯は北長門海岸国定公園の一部で、二位ノ浜(にいのはま)のハマオモトは自生北限地。北西部にある草原台地の千畳敷(せんじょうじき)には展望台やキャンプ場がある。また、深川(ふかわ)湾岸に黄波戸(きわど)温泉がある。[三浦 肇]
『『日置町史』(1983・日置町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の日置の言及

【日置川[町]】より

…人口5185(1995)。日置川中・下流域に位置し,紀伊山地に属する山地が紀伊水道に面した海岸に迫る。蛇行する日置川の谷底に小集落が点在し,河口西岸に中心集落の日置がある。…

※「日置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日置の関連キーワード鹿児島県日置市東市来町美山元寺脇鹿児島県日置市東市来町南神之川鹿児島県日置市伊集院町猪鹿倉鹿児島県日置市伊集院町飯牟礼鹿児島県日置市伊集院町上神殿鹿児島県日置市伊集院町下谷口鹿児島県日置市伊集院町麦生田鹿児島県日置市伊集院町妙円寺鹿児島県日置市伊集院町竹之山鹿児島県日置市伊集院町恋之原鹿児島県日置市伊集院町下神殿鹿児島県日置市東市来町神之川鹿児島県日置市東市来町伊作田鹿児島県日置市伊集院町土橋鹿児島県日置市伊集院町寺脇鹿児島県日置市伊集院町桑畑鹿児島県日置市伊集院町清藤鹿児島県日置市東市来町寺脇鹿児島県日置市伊集院町古城鹿児島県日置市伊集院町大田

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日置の関連情報