コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姜邯賛 きょうかんさんKang Kam‐ch‘an

世界大百科事典 第2版の解説

きょうかんさん【姜邯賛 Kang Kam‐ch‘an】

948‐1031
朝鮮,高麗の政治家。名将として知られる。初名,姜殷川。983年(成宗2),科挙に合格し,顕宗代(1010‐31)の初めに宰相となった。1018年,高麗に対する契丹の第3次侵略の際,71歳の高齢で上元帥となり,20万余の兵を率いて契丹軍を迎え撃ち,亀州においてほとんど全滅させた。侵略軍10万のうち,生きて帰れた者はわずか数千人にすぎなかったという。救国の英雄として永く語りつがれ,李朝末期にはハングル小説にもなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

姜邯賛の関連キーワード後ウマイヤ朝聖宗後ウマイヤ朝聖宗[遼]ロベール2世後ウマイヤ朝陽子劉知遠劉 知遠TPPと安倍政権の農業政策

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android