コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姜邯賛 きょうかんさん Kang Kam‐ch‘an

1件 の用語解説(姜邯賛の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょうかんさん【姜邯賛 Kang Kam‐ch‘an】

948‐1031
朝鮮,高麗の政治家。名将として知られる。初名,姜殷川。983年(成宗2),科挙に合格し,顕宗代(1010‐31)の初めに宰相となった。1018年,高麗に対する契丹の第3次侵略の際,71歳の高齢で上元帥となり,20万余の兵を率いて契丹軍を迎え撃ち,亀州においてほとんど全滅させた。侵略軍10万のうち,生きて帰れた者はわずか数千人にすぎなかったという。救国の英雄として永く語りつがれ,李朝末期にはハングル小説にもなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

姜邯賛の関連キーワード高麗高麗青磁三国史記高麗焼高麗錦狛鉾名将高麗人新鳥蘇金有成

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone