姫路若菜

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

姫路若菜[葉茎菜類]
ひめじわかな

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
主に姫路市で生産されている。明治時代から姫路市飾磨区・広畑区で栽培されており、ハウス栽培のない時代に冬に露地で栽培できる貴重な葉物野菜であった。1945(昭和20)年頃障子紙による施設栽培方式が導入され、安定的な栽培が可能となった。1955(昭和30)年頃にかけて最盛期を迎えたが、その後ビニールハウスが広がり、他品種の栽培に移り変わっていった。葉は淡緑色の丸葉つやがあり、茎は白くやわらかい。12月〜3月に収穫され、油炒めや漬物などに利用される。ひょうごの伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android